レーザー脱毛は医療機関で受けるから安心という声を多く聞きます。

そのためわざわざ新宿周辺にある脱毛クリニックまでレーザー脱毛を受けに来る人もいるくらいです。

しかし、レーザー脱毛を受けた後、何らかの肌トラブルに見舞われることもあるので注意しましょう。

●脱毛後の肌トラブルとは

医療機関で受けるレーザー脱毛は、効果が高いものなのですが、まれに副作用や肌トラブルが起こることがあります。

どんなトラブルかというと、施術直後の赤み、ヒリヒリ感、むくみは多いです。

他に毛嚢炎や一部の毛が硬くなったり増毛したりします。

レーザーによるやけどなどがあります。

●打ち漏れも時々ある

熟練した医師や看護師が施術するレーザー脱毛ですが、ごくまれにレーザーの照射漏れの箇所が見つかることがあります。

こういった場合は、無償で再度照射してもらえますので申し出るようにしましょう。

●肌トラブルが起こったら

医療機関で受けるレーザー脱毛だったらまず問題ないというのは、肌トラブルが起こらないということではありません。

出力が強いレーザーを照射していますので、それだけ肌に刺激も与えていることになります。

そのためどうしても肌トラブルは起こりがちになります。

安心であるというのは、こういったトラブルが起こった場合でも、医療機関であるためすぐに医師が対応してくれるということです。

診察代や薬代は無料としている医療機関は新宿にもたくさんあります。

肌トラブルが起こった時にどう対応してくれるかを確認しておくようにしましょう。

レーザー脱毛と起こりうる肌トラブル はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.