霊園探しの基礎知識

亡くなった方を供養するための墓石を建立する場所は、現在、大きく分けて民間霊園、公営霊園、寺院墓地、納骨堂があります。それぞれ特徴があります。

大阪での霊園探し

霊園探しの基礎知識

祖父母や両親、配偶者や子供といった大切な人たちとの別れについて考えたくないかもしれませんが、別れはいつかやってくるものです。

亡くなった方を供養するための墓石を建立する場所は、現在、大きく分けて民間霊園、公営霊園、寺院墓地、納骨堂があります。

それぞれ特徴があります。

幸せの株式会社西鶴のような民間霊園は、公益法人や宗教団体が運営していることが多く、前提条件が少ないため取得しやすいようです。

公営霊園は、都道府県や市区町村が運営しており使用料が安いことが特徴です。

寺院墓地は、お寺が運営しており、管理が行き届いていますが、檀家契約を結ぶ必要があります。

納骨堂は、屋内に骨壷を安置する場所のあるもので、土地代がかかりません。

以前は、代々自分の家の宗派は○○で、先祖のお墓が建立してあるお寺が近くにある。

よって、ゆくゆくは先祖代々が眠っているそのお寺にお世話になるというケースが多かったですが、民間の霊園や都道府県や市区町村が運営する公営の霊園と比べると、永代供養料や管理費が高いことや、そのお寺の檀家にならなければならないという制約を嫌う方も増えていることもあり、寺院墓地の利用は少なくなってきているようです。

また、引越しや転勤などで、お墓の立てられている場所から遠く離れてしまい、なかなかお墓参りに行けないといったケースも増えており、住まいの近くの霊園へお墓を移設する方もいらっしゃるようです。


Copyright (C) www.twilightrecordingstudio.com. All Rights Reserved.

大阪での霊園探し